PMサポーター

PM サポーター7つのコストダウン手法

環境に優しく効果的なメンテナンスの実現

日建管理では、環境にやさしく、人にやさしいメンテナンスを行うことが資産価値を守り、結果的にトータルコストダウンにつながると考えています。

高性能機器を用いた、人にやさしいメンテナンス

バキュームマシーン導入時には、性能比較検証を行うことで高性能機器を選択しています。「吸塵力・排水清浄度・消費電力」の項目について着目し、高性能な機器で効率の良くメンテナンスを行います。

有害化学物質を使わないメンテナンス

日建管理ではMSDS(Material Safety Data Sheet)を確認し、有害化学物質を含まないものを選定します。使用する化学床ワックスは「排水基準・環境ホルモン・症候群」について調査したうえで選定条件を設定、採用しています。(例:亜鉛の含有確認、環境ホルモンの含有確認、その他有害化学物質の含有確認)

オフィスビルの環境に優しい運営システム事例

Precycle(使用物品の選別)
  1. 調達の段階で環境負荷の少ない物品を購入する。
  2. 環境に負担をかけないものを使用する。
  3. 再使用(リターナブル)できるものを選択する。
Review(情報の価値判断)
  1. 分類項目の見直し(機密文書の管理基準見直し)。
  2. 書類の私物化・私蔵化防止による共有化・一元化を図る。
  3. ファイリングシステムの導入。
Reduce(削減)
  1. レスペーパー化を図る(OHP・電子文書などの利用)。
  2. コピーは最小限に行う。
  3. 使い捨てコップ、ペーパータオルは使わない。
Reuse(再使用)
  1. コピー用紙の裏面使用。
  2. コンピュータ用紙のテストランなどをコピー用紙、
    事務用箋として再利用。
Recycle(再利用)
  1. 社外秘情報が保護できるリサイクルシステムの整備。
  2. 手元分別の徹底。
  3. 分別容器・保管場所の分別表示の明確化。
私たちが売っているものは、単なるビルメンテナンスサービスではありません。