PMサポーター

PM サポーター7つのコストダウン手法

エネルギー利用の最適化

メンテナンスとは直接関係ないように思われるランニングコスト。設備保全も可能なメンテナンス会社としてビルの維持管理を知りつくした日建管理では、建物のコスト全体を低減するプランをご提案しています。

省エネ提案、実践によるランニングコストの低減

エネルギーコストはライフサイクルコストの約30%を占めていると言われています。現在の建物は「設計・施工・竣工」段階では最新の省エネシステムが採用されていますが、管理運営段階においては効果的なオペーレーションが実施されているとは言えません。日建管理では機器の最適な運転管理とエネルギーの有効的利用でエネルギーコストの低減を図り、建物のランニングコスト低減を実施しています。

省エネ実践におけるPDCAサイクル

Plan(設計)
  • 施主サイドとの方針明確化(目的、目標設定)
  • 最適なエネルギー転換方式選定
  • 最適な機器間コントロール(運転)方式選定
  • 運転パターンプログラム作成
Do(設定)
  • 最適運転へのチューニング
  • 運転パターン、スケジュール設定
  • 浪費の防止
Check(分析)
  • エネルギー使用量の把握
  • 分析、改善箇所の抽出
Action(提案)
  • 設備の改善提案(費用対効果の最適化)(運転方法の改善)
  • 入居者の運転面の改善提案
私たちが売っているものは、単なるビルメンテナンスサービスではありません。