PMサポーター

PM サポーター7つのコストダウン手法

平準化および標準化されたメンテナンス

日建管理ではメンテナンスの生産性向上を図るため、受託物件のメンテナンス時期をスケジューリング。必要なタイミングに必要な人員を配することで余剰人員のの発生を防ぎます。また、作業内容の管理基準を明確にし、共有することでサービスの品質向上に努めています。

平準化
受託物件の年間業務量を把握して、日常点検業務と定期点検業務のベストマッチングを行い、受託業務全体に係る余剰な人員投入を防止します。
設備機器ごとに1年もしくは半年のインターバルで計画される定期点検を、施設の常駐スタッフが他の受託業務のスケジュールと効率的に組み合わせ業務量を平準化することにより、メンテナンスの生産効率を図ります。
標準化
いつ、誰が、何を、どのように実施し、誰にどのような手順で報告し、どのように記録を残すかを規定するなど、業務の手順や管理基準を明確にします。これにより、サービス品質の向上と、労働生産性の向上で、コストダウンを図ります。

下矢印

トータルコストが削減できる理由、それは…「マキシマイザー」の導入!!
お客様の大切な資産である建物施設を
適正な人員(コスト)で確実にお守りいたします。
私たちが売っているものは、単なるビルメンテナンスサービスではありません。