PMサポーター

PM サポーター7つのコストダウン手法

最適化されたメンテナンススペック

メンテナンスコストを下げるためには、同一周期・同一基準で行うメンテナンススタイルを見直す必要があります。日建管理では施設内の各設備・各機器の特性を考慮し、メンテナンスレベルを部位ごとに最適設定。オーバーメンテナンスの排除に努め、経済性向上を図っています。

メンテナンススペックを決定するための評価項目

日建管理では3つの評価項目をもとにメンテナンススペックを決定しています。

信頼度(故障のおこりにくさ)
設備がある規定の条件のもとで、一定期間、規定の機能を果たせる確率。●●が多いほど信頼度が高い。
保全度(保全のしやすさ)
保全可能な設備が規定の条件のもとで保全を施したとき、一定期間内に保全作業を完了する確率。●●が多いほど保全度が高い。
故障時のリスク
設備が規定の機能を果たせなくなった場合の、施設運営にもたらす被害損出の大きさ。●●が多いほどリスクが低い。
私たちが売っているものは、単なるビルメンテナンスサービスではありません。